労働基準法・改正・労働時間・時間外労働・有給休暇・特別条項付き36協定/労働基準法・実務対策相談室
労働基準法の改正・実務対策相談室
TOPページ   労務管理DVD   事務所案内   連絡フォーム
INDEX
労働基準法(TOP)
労働法実務対策DVD
労務担当講座
 
労働基準法のしくみ
労働契約
労働条件の明示
平均賃金
休業手当
解雇・解雇制限
解雇予告
労働時間・休憩・休日
36協定の締結
36協定・特別条項
変形労働時間制
フレックスタイム制
専門業務型裁量労働制
年次有給休暇
年少者の保護
女性労働者の保護
就業規則の作成

 
社会保険実務講座
実務力養成講座
社会保険実務指導

労働基準法・労務管理の総合案内



 労働契約について


違法な労働契約は有効?無効?

 労働基準法で定める基準に達しない労働条件を定める労働契約は、その部分については無効となります。この場合、無効となった部分は、労働基準法で定める基準によります。 (労働基準法13条)


労働契約のポイント

@たとえ労働者の同意があっても、労働基準法違反部分は無効となります。
A無効となった部分は、労働基準法の定めによります。これは強制です。
B違反しない部分は有効に成立するので、労働契約そのものがすべて無効となるわけでありません。



契約期間の長さは?

労働契約は、期間の定めのないものや一定の事業の完了に必要な期間を定めるもののほかは、3年(次の各号のいずれかに該当する労働契約にあっては、5年)を超える期間について締結できません。 (労働基準法14条)

@専門的な知識、技術又は経験(以下、「専門的知識等」という。)であって高度のものとして厚生労働大臣が定める基準に該当する専門的知識等を有する労働者(当該高度の専門的知識等を必要とする業務に就く者に限る。)との間に締結される労働契約
A満60歳以上の労働者との間に締結される労働契約(@に掲げる労働契約を除く。)

ポイント整理
1.期間の定めのない契約は有効です。
2.期間の定めのある契約については、
@原則 → 3年まで
A特例(専門的知識等、60歳以上)→ 5年まで(更新も5年までOK!)
B一定の事業の完了に必要な期間 → 事業の完了までの期間はOK! 

上記Bについては、例えば、ダム建設の工事現場で完成までに8年かかる場合、8年間の期間契約が可能となります。



参考:専門的知識等を有する労働者とは
博士の学位、公認会計士、医師、弁護士、不動産鑑定士、社会保険労務士、税理士などの業務に就く方を言います。


@ 博士の学位(外国において授与されたこれに該当する学位を含む)を有する者。
A 次のいずれかの資格を有する者
ア 公認会計士 イ 医師 ウ 歯科医師 エ 獣医師 オ 弁護士 カ 一級建築士 キ 税理士 ク 薬剤師  ケ 社会保険労務士 コ 不動産鑑定士 サ 技術士 シ 弁理士
B 次のいずれかの能力評価試験の合格者
ア システムアナリスト資格試験合格者 イ アクチュアリーに関する資格試験合格者
C 次のいずれかに該当する者
ア 特許法上の特許発明の発明者 イ 意匠法上の登録意匠の創作者 ウ 種苗法上の登録品種の育成者
D (1)一定の学歴及び実務経験を有する次の者で年収が1,075万円以上の者
ア 農林水産業の技術者 イ 鉱工業の技術者 ウ 機械・電気技術者 エ 土木・建築技術者   オ システムエンジニア カ デザイナー
  (2)システムエンジニアとして5年以上の実務経験を有するシステムコンサルタントで、年収が1,075万円以上の者
E 国等によりその有する知識、技術、経験が優れたものであると認定されている者

正社員、パート、アルバイトのための労働条件のしくみを紹介します。
Copyrightc 労働基準法・実務対策相談室 All rights reserved.