労働基準法・改正・労働時間・時間外労働・有給休暇・特別条項付き36協定/労働基準法・実務対策相談室
労働基準法の改正・実務対策相談室
TOPページ   労務管理DVD   事務所案内   連絡フォーム
INDEX
労働基準法(TOP)
労働法実務対策DVD
労務担当講座
 
労働基準法のしくみ
労働契約
労働条件の明示
平均賃金
休業手当
解雇・解雇制限
解雇予告
労働時間・休憩・休日
36協定の締結
36協定・特別条項
変形労働時間制
フレックスタイム制
専門業務型裁量労働制
年次有給休暇
年少者の保護
女性労働者の保護
就業規則の作成

 
社会保険実務講座
実務力養成講座
社会保険実務指導

労働基準法・解雇制限



解雇に関するルール/労働契約法

解雇は、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして、無効とする。

解雇に関する注意点
ある解雇が有効か無効かと言う争いについては、最終的には裁判官の判断に委ねられます。その判断は、解雇理由が合理的であり、かつ、一般社会において解雇処分が妥当であると認められる程の解雇理由が存在するかどうかで決められます。基本的には、解雇理由の合理性又は社会相当性のいずれかが欠けている様な場合は、その解雇は無効となります。



解雇できない期間について(解雇制限)
使用者は、労働者が業務上負傷し、又は疾病にかかり療養のために休業する期間及びその後30日間並びに産前産後の女性が第65条の規定によって休業する期間及びその後30日間は、解雇してはならない。ただし、使用者が、第81条の規定によって打切補償を支払う場合又は天災事変その他やむを得ない事由のために事業の継続が不可能となり行政官庁の認定を受けた場合においては、この限りでない。(労働基準法19条)





解雇制限のまとめ
@解雇制限期間のまとめ(原則)
 ・業務上傷病による休業期間+その後30日間
 ・産前産後休業期間+その後30日間

A解雇制限の解除(例外)
 ・使用者が打切補償を支払った場合
 ・天災等により事業の継続が不可能+行政官庁の認定があった場合

B業務上の傷病により療養中であっても、1日も休業していなければ、解雇制限に該当しません。

C派遣労働者の場合、解雇のルールは、派遣元事業主に及びます。したがって、派遣先事業主が解雇制限期間中に労働者派遣契約を解約しても派遣先事業主には解雇のルールは適用されません。

打切補償とは
療養補償を受ける労働者が、療養開始後3年を経過しても負傷又は疾病がなおらない場合においては、使用者は、平均賃金の1200日分を支払い、その後はこの法律の規定による補償を行わなくてもよいという規程です。(労働基準法81条)

正社員、パート、アルバイトのための労働条件のしくみを紹介します。
Copyrightc 労働基準法・実務対策相談室 All rights reserved.