社会保険料(健康保険法料・厚生年金保険法料)のしくみと計算方法・保険料の改定・改正情報
社会保険料(健康保険料・厚生年金保険料)の計算
社会保険・労働法務・労務管理対策 教育研修ビデオの企画・製作/セミナーハウスアビリティ
INDEX
社会保険料のしくみ(TOP)
セミナービデオ一覧
 
社会保険労務士,開業,支援,セミナーハウスアビリティ
社会保険・労働法務
実務指導ビデオ

社会保険実務講座
実務力養成ビデオ
社会保険実務講座DVD

社会保険料の計算
社会保険料・資格取得時
社会保険料・定時決定
社会保険料・随時改定
社会保険料・育児休業改定
賞与の社会保険料
 
社会保険関連法令
健康保険法1(総則)
健康保険法2(保険者)
健康保険法3(被保険者)
健康保険法4(給付の通則)
健康保険法5(保険給付)
健康保険法6(保険給付)
健康保険法7(傷病手当金)
健康保険法8(家族給付)
健康保険法9(給付制限)
健康保険法10(保険料)

 社会保険料(健康保険料・厚生年金保険料)のしくみと計算方法



社会保険・労働法務・労務管理・教育研修ビデオ
販売元:セミナーハウスアビリティ

労務担当講座

 労働・社会保険の手続き、労働基準法、労災保険法・雇用保険法、育児・介護休業法等の
相談、実務についての実務力を養成するための研修ビデオ教材です。


 健康保険法


   第三章 被保険者

   第一節 資格


(適用事業所)
第三十一条  適用事業所以外の事業所の事業主は、厚生労働大臣の認可を受けて、当該事業所を適用事業所とすることができる。
2  前項の認可を受けようとするときは、当該事業所の事業主は、当該事業所に使用される者(被保険者となるべき者に限る。)の二分の一以上の同意を得て、厚生労働大臣に申請しなければならない。

第三十二条  適用事業所が、第三条第三項各号に該当しなくなったときは、その事業所について前条第一項の認可があったものとみなす。

第三十三条  第三十一条第一項の事業所の事業主は、厚生労働大臣の認可を受けて、当該事業所を適用事業所でなくすることができる。
2  前項の認可を受けようとするときは、当該事業所の事業主は、当該事業所に使用される者(被保険者である者に限る。)の四分の三以上の同意を得て、厚生労働大臣に申請しなければならない。

第三十四条  二以上の適用事業所の事業主が同一である場合には、当該事業主は、厚生労働大臣の承認を受けて、当該二以上の事業所を一の適用事業所とすることができる。
2  前項の承認があったときは、当該二以上の適用事業所は、適用事業所でなくなったものとみなす。

(資格取得の時期)
第三十五条  被保険者(任意継続被保険者を除く。以下この条から第三十八条までにおいて同じ。)は、適用事業所に使用されるに至った日若しくはその使用される事業所が適用事業所となった日又は第三条第一項ただし書の規定に該当しなくなった日から、被保険者の資格を取得する。

(資格喪失の時期)
第三十六条  被保険者は、次の各号のいずれかに該当するに至った日の翌日(その事実があった日に更に前条に該当するに至ったときは、その日)から、被保険者の資格を喪失する。
一  死亡したとき。
二  その事業所に使用されなくなったとき。
三  第三条第一項ただし書の規定に該当するに至ったとき。
四  第三十三条第一項の認可があったとき。

(任意継続被保険者)
第三十七条  第三条第四項の申出は、被保険者の資格を喪失した日から二十日以内にしなければならない。ただし、保険者は、正当な理由があると認めるときは、この期間を経過した後の申出であっても、受理することができる。
2  第三条第四項の申出をした者が、初めて納付すべき保険料をその納付期日までに納付しなかったときは、同項の規定にかかわらず、その者は、任意継続被保険者とならなかったものとみなす。ただし、その納付の遅延について正当な理由があると保険者が認めたときは、この限りでない。

(任意継続被保険者の資格喪失)
第三十八条  任意継続被保険者は、次の各号のいずれかに該当するに至った日の翌日(第四号又は第五号に該当するに至ったときは、その日)から、その資格を喪失する。
一  任意継続被保険者となった日から起算して二年を経過したとき。
二  死亡したとき。
三  保険料(初めて納付すべき保険料を除く。)を納付期日までに納付しなかったとき(納付の遅延について正当な理由があると保険者が認めたときを除く。)。
四  被保険者となったとき。
五  船員保険の被保険者となったとき。

(資格の得喪の確認)
第三十九条  被保険者の資格の取得及び喪失は、保険者の確認によって、その効力を生ずる。ただし、第三十六条第四号に該当したことによる被保険者の資格の喪失並びに任意継続被保険者の資格の取得及び喪失は、この限りでない。
2  前項の確認は、第四十八条の規定による届出若しくは第五十一条第一項の規定による請求により、又は職権で行うものとする。
3  第一項の確認については、行政手続法 (平成五年法律第八十八号)第三章 (第十二条及び第十四条を除く。)の規定は、適用しない。




Copyrightc 社会保険料(健康保険料・厚生年金保険料)情報センター All rights reserved.