社会保険料(健康保険法料・厚生年金保険法料)のしくみと計算方法・保険料の改定・改正情報
社会保険料(健康保険料・厚生年金保険料)の計算
社会保険・労働法務・労務管理対策 教育研修ビデオの企画・製作/セミナーハウスアビリティ
INDEX
社会保険料のしくみ(TOP)
セミナービデオ一覧
 
社会保険労務士,開業,支援,セミナーハウスアビリティ
社会保険・労働法務
実務指導ビデオ

社会保険実務講座
実務力養成ビデオ
社会保険実務講座DVD

社会保険料の計算
社会保険料・資格取得時
社会保険料・定時決定
社会保険料・随時改定
社会保険料・育児休業改定
賞与の社会保険料
 
社会保険関連法令
健康保険法1(総則)
健康保険法2(保険者)
健康保険法3(被保険者)
健康保険法4(給付の通則)
健康保険法5(保険給付)
健康保険法6(保険給付)
健康保険法7(傷病手当金)
健康保険法8(家族給付)
健康保険法9(給付制限)
健康保険法10(保険料)
 

 社会保険料(健康保険料・厚生年金保険料)のしくみと計算方法




労働法関係教育研修ビデオ
販売元:セミナーハウスアビリティ

労務担当講座

 労働・社会保険の手続き、労働基準法、労災保険法・雇用保険法、育児・介護休業法等の
相談、実務についての実務力を養成するための研修ビデオ教材です。


 健康保険法


    第六節 保険給付の制限


第百十六条  被保険者又は被保険者であった者が、自己の故意の犯罪行為により、又は故意に給付事由を生じさせたときは、当該給付事由に係る保険給付は、行わない。

第百十七条  被保険者が闘争、泥酔又は著しい不行跡によって給付事由を生じさせたときは、当該給付事由に係る保険給付は、その全部又は一部を行わないことができる。

第百十八条  被保険者又は被保険者であった者が、次の各号のいずれかに該当する場合には、疾病、負傷又は出産につき、その期間に係る保険給付(傷病手当金及び出産手当金の支給にあっては、厚生労働省令で定める場合に限る。)は、行わない。
一  少年院その他これに準ずる施設に収容されたとき。
二  刑事施設、労役場その他これらに準ずる施設に拘禁されたとき。
2  保険者は、被保険者又は被保険者であった者が前項各号のいずれかに該当する場合であっても、被扶養者に係る保険給付を行うことを妨げない。

第百十九条  保険者は、被保険者又は被保険者であった者が、正当な理由なしに療養に関する指示に従わないときは、保険給付の一部を行わないことができる。

第百二十条  保険者は、偽りその他不正の行為により保険給付を受け、又は受けようとした者に対して、六月以内の期間を定め、その者に支給すべき傷病手当金又は出産手当金の全部又は一部を支給しない旨の決定をすることができる。ただし、偽りその他不正の行為があった日から一年を経過したときは、この限りでない。

第百二十一条  保険者は、保険給付を受ける者が、正当な理由なしに、第五十九条の規定による命令に従わず、又は答弁若しくは受診を拒んだときは、保険給付の全部又は一部を行わないことができる。

第百二十二条  第百十六条、第百十七条、第百十八条第一項及び第百十九条の規定は、被保険者の被扶養者について準用する。この場合において、これらの規定中「保険給付」とあるのは、「当該被扶養者に係る保険給付」と読み替えるものとする。




Copyrightc 社会保険料(健康保険料・厚生年金保険料)情報センター All rights reserved.