人事労務教育研修DVD・社会保険労務士開業・実務情報・ビジネスDVDの制作/セミナーハウスアビリティ
社会保険労務士・独立開業・人事労務セミナーDVD
TOP   DVD一覧表   労務セット   年金セット   社労士実務DVD   お問い合わせ  
INDEX
社会保険・労務管理
法改正・新着情報
お客様からの感想
お気に入りに登録
 


社労士・新規開業者へ
社労士・開業までの準備 
社会保険労務士・開業情報局 
 
セミナーDVD
労務管理担当講座 
年金基本講座セット 
社会保険労務士開業パック 
 
社会保険労務士・開業系
社労士・開業講座 
就業規則作成で稼ぐコツ 
社労士インターネット講座
 
労務管理DVD
給与計算の進め方
建設業労災の実務
就業規則・作成講座
 
労働法DVD
労働基準法基本講座 
労災保険法基本講座 
育児・介護休業法 
 
 
DVD一覧表
 

社会保険・年金・労務管理・研修用DVD

 

 社会保険労務士 受験メールマガジン(無料)
社労士「ワンポイントレッスン」
普通に読むだけでは見抜けない専門家から見た条文のポイントや受験テクニックを紹介!絶対に落とせない過去問パターン問題を毎回出題 ★受験生必見です!

 
◆まぐまぐ登録欄
登録
電子メールアドレス(半角):
解除

Powered by まぐまぐ


メールマガジンサンプル

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

   セミナーハウス アビリティ        
   社労士 ワンポイントレッスン   発行No.108(2004/10/26)
                     
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

■お知らせ!
 
■セミナービデオ「企業防衛型就業規則・作成講座」
 〜実務から見た作成上のポイント〜  ★平成16年改正労働基準法対応版
http://sh-ability.com/seminar%20video%20syuugyou-kisoku-kihon.htm

■社労士実務系セミナービデオ「社労士開業パック」基本パック・総合パック
 実務経験がない方、得意分野の修得を目指している方にお薦めです。
http://sh-ability.com/pack2-sr-kaigyou.htm
__________________________________


こんにちは、社会保険労務士の谷口です。

みなさん、受験モードは全開ですか?
この時期、各受験学校では、労働基準法あたりを学習していることと思います。

そこで、今回は労働基準法を学ぶにあたって豆知識を紹介しましょう。

1.労働基準法は、私法の大原則である「契約自由の原則」を修正したもの。

労働基準法ができるまでの労使関係は、民法で言う契約自由の原則により規律さ
れていました。契約自由の原則とは、簡単に言うと、「両者が合意すれば何でも
あり」の様な状態です。
(もちろん何でもありと言っても犯罪などは許されませんが・・・。)

と言うことは、例えば、1日12時間労働の条件のような場合でも、労働者が同意
すれば、それはそれで有効となります。

しかし、この様なことを許すと、経済力のある使用者の方が立場が強いので、
その結果、労働者は使用者の言いなりの条件をのまざるを得ない状況になるの
は、容易に想像できます。

そこで、労働の世界においては、「契約自由の原則」を修正したものとして、
労働基準法が制定されました。


2.労働基準法の特徴

労働基準法には、以下のような特徴があります。
(1)労働者保護
(2)最低基準を設定
(3)強行法規

(1)については、弱い立場にある労働者を守るため、使用者の行為に一定の
  制限を設けたものです。

(2)については、なぜ、わざわざ最低の基準にしたのでしょうか?
  これは、業種や規模を問わず、すべての会社に労働基準法を守ってもらう
  ため、基準をあえて低く設定しています。そのかわり、最低基準である労
  働基準法に違反する会社には、罰則(懲役又は罰金)が適用されます。

(3)強行法規とは、簡単に言えば、「労働基準法は強制だ!」と言うことです。
  つまり、民法のような同意がある場合の特約を一切許さないと言うことです。

  例えば、労働者の同意により1日の労働時間を10時間で契約した様な場合
 であっても、労働基準法第32条によると、1日の労働時間は8時間まで、と
 なっていますので、これを無視したような特約は一切許さないと言うことで
 す。(ただし、残業については36協定の締結・届出により許されます。)

  この場合は、労働基準法に違反する労働条件は、その部分を無効とする。」
 と言う労働基準法第13条が適用され、さらに、無効となった部分は、労働基
 準法で定める基準による。と言うような流れになります。

  試験的な注意点は、この場合、労働契約全体が無効となるわけではなく、
 違反する部分のみが無効と言うことになります。


では、最後に過去問○×勝負といきましょう!

絶対に正解して下さいね!

■ちょっと難しい(労基法○×)

使用者は,労働者の同意を得た場合には,賃金をその労働者の指定する銀行その他の金融機関の口座に振り込むことができる。そして,当該事業場の労働者の過半数を組織する労働組合がある場合には,この労働組合との労働協約をもってこの労働者の同意に代えることができる。

__________________________________

■セミナービデオ「労務担当講座」
 ★総合セット(10講義・全12本) ★実務セット(5講義・全7本)
人事労務部門に配属された方、人事労務部門への配置転換や就職を希望する方
で、実務力・総合力を養成したい方に教育用教材としてお薦めします。
http://sh-ability.com/pack1-roumu-tantou-kouza.htm
__________________________________


■解答:労働基準法施行規則7条の2第1項第1号、H14.4.1基発401004号

 賃金の口座振込については、必ず「労働者の同意」が必要です。
 これについては、労働協約や労使協定にてその旨を定めても、労働者の同意
 に代えることはできません。

 よって今回の問題の正解は、× です。

 さらにプラスアルファとして、口座振込についての労働者の同意は、書面ま
 では要求されていません。つまり、「同意書」までは不要です。
 これは過去問パターンです。(必修)

*解答につきましては、念のため必ず条文等で確認して下さいね。

_________________________________

■セミナービデオ「社会保険実務講座」
 1.労働保険編  2.社会保険編 3.新規適用編

■法学ビデオシリーズ
 1.労働基準法  2.労災保険法 3.雇用保険法 
 4.育児・介護休業法 

■社労士実務系セミナービデオ
http://sh-ability.com/
__________________________________

  社労士「ワンポイントレッスン」 
  発行元:セミナーハウス アビリティ
  著作者:谷口雅和
  URL:http://sh-ability.com/
  Copyright 合資会社アビリティ
  無断転載・転写・コピー・転送等は禁じます。
============================================================
★購読登録・解除は、所定のURLからお願い致します。
★免責事項
 記事による損害、保証は一切いたしかねますのでご了承ください。
 記事に関する質問は受付していません。
★このメールマガジンは、下記メルマガより発行しています
 『まぐまぐ』→ http://www.mag2.com/
 『メルマガ天国』→ http://melten.com/Hello.html
人事労務・社会保険・年金・研修用DVDの企画、制作、販売、社会保険労務士開業支援
Copyrightc セミナーハウスアビリティ All rights reserved.